2018/05/13

ズッキーニ、覆いを外す

ズッキーニの定植後は、しばらく行燈生活をしてもらっています。

葉っぱの大きさの割には茎が細く、
強風に吹かれ、、活着(畑の土に根付く)が遅れたり、葉っぱが折れてしまったり、
4月末頃の定植になるため、遅霜の心配もあるし、
ウリハムシという害虫が葉っぱを食べてしまう恐れがあるからです。

新しい葉っぱも出てきて、しっかりした葉っぱになってきたので、行燈を取りました。
行燈の中で窮屈そうに立っていた葉っぱは、次第に四方に広がり、株が安定してきます。
これから、たくさんの光を浴びて、太い葉っぱの茎で、株を支えて行く事になります。

今年は、ちゃんと株間(株と株の間の距離)を守ったので、伸び伸び育ってくれると思います!