2018/03/15

図らずとも、スーパーセル

ミニキャベツの苗を1月中旬から作り始めました。

今回は、カブトムシが食べて分解した土を使ってみました。
きっと栄養がたっぷり入っているのだろうと期待してました。
夏の育苗と比べると、徒長もせず、いい感じに育っているようでした。

ところが、葉っぱの色が悪く、双葉も枯れてしまいました。
明らかに、栄養不足のようです。



スーパーセル苗といって、キャベツやブロッコリーなどの苗作りで、
通常の育苗期間よりも長い時間をかけて、肥料を与えず、育苗する方法があります。スーパーセル苗なら、定植時期がいつでもできて、しかも耐乾性、耐病性が高いと言われている栽培法です。

スーパーセル苗にしようと思ったわけではなかったのですが、
図らずとも、スーパーセル苗と化しました。

苗はまだ小さいですが、畑に連れて行った方が育ちがいいと思ったので、
少々小さめですが、定植しました。

本当に、モンシロチョウは、来ないのでしょうか・・・。
NO防除で行きたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿