2018/02/18

普段使いの黒豆

丹波黒大豆というと、まず「お正月のおせち料理の煮豆」というイメージが強く、
「お正月にしか食べないもの」という声もチラホラ聞きます。

お正月用の煮豆用の丹波黒大豆は、縁起物ということで、
鬼の目のような鋭い選別により、大きくてキズやシワのない、特別なお豆を、
皆さんにお届けしております。

しかし、収穫できるお豆の全てが「特別なもの」はなく、ほんの一部のお豆で、
大きさが1cm以下のもの、キズやシワのあるものがほとんどです。

その選別にもれたお豆は、どうするのかというと、
煮豆にしたときに、皮が破れたり、シワになるのを気にしなければ、
丹波黒大豆をお手頃価格で、「普段使いの黒豆」として販売いたしております。

普段の食事で使ったり、お菓子作り、パン作り、お味噌用の豆、納豆作り、
煎り豆にして、きな粉、黒豆茶、黒豆ご飯、
豆を茹でた煮汁も栄養価が高く、黒豆ココア、黒豆カフェオレ、黒豆プリンなどにも利用できます。



丹波黒大豆は特別なものではなく、普通の黒い大豆です。

お正月だけではなく、1年中気軽に楽しんでいただけると、
黒豆の特産地としては嬉しいのです。