2018/01/16

今年の第一級の寒波は

毎年1月中旬頃に、第一級の寒波がやってくるという事が分かって来ました。

今年は、連日、氷点下7℃くらいまで下がりましたが、雪は少なめでした。

-7℃は、野菜はコチコチ、
水も、土も、空気も、全てが凍ってしまいます。

凍った状態で収穫をしてしまうと、細胞が融けても、元に戻らないため、
融けるまで収穫をする事ができません。

たとえ前日に収穫して倉庫に入れておいても、倉庫も冷凍庫状態なので、凍ってしまいます。

水道管が凍っているので、野菜を洗うこともできません。
土が凍っているので、ニンジンを抜くこともできません。

それでも、少しずつ気温が上がると融けてくるので、
収穫ができるので、それだけでもありがたいです。





昨年は、同じ時期に、大雪が降りました。↓
2週間、野菜は雪の下に埋もれていて、収穫しようにも、全く手が出せない状態でした。

それに比べたら、-7℃は、全然マシです。