2017/11/05

フローレンスフェンネル

フェンネルは、セリ科のハーフ。
葉、茎、鱗茎(根元)、花、種と、全てを余すところ無く利用できる、
「スパイスの優等生」と言われています。

鱗茎の部分は、日本ではウイキョウ、イタリアではフェノッキオと呼ばれ、
生のままでもおいしく食べられます。

葉っぱの部分は、魚料理やマリネなどの香り付けに。

種は、カレーのスパイスとして。

5月に種まきをしたものは、虫に全部食べられてしまったので、
9月に種まきをしなおしました。

今のところ順調に育っていますが、鱗茎の部分は寒さにはめっぽう弱く、寒くなるまでには収穫してしまうので、あまり大きくならないかな。

近所の方に種まきのいい時期を教えてもらったので、来年は大丈夫かな。


0 件のコメント:

コメントを投稿