2017/04/19

【ジビ・ベジ】うるい

ふきのとう、かんぞうに続き、裏庭に、山菜「うるい」がおりました。


うるいとは。
山かんぴょう、ギンボと呼ばれていて、正式名はオオバギボウシをいいます。
本州から北海道にかけての山地や草原などの湿り気のあるところに広く自生していて、
古くから山菜として食用にされていました。

東北地方で古くから山菜として親しまれていて、
最近では、山形など東北を中心に栽培出荷されているようです。
栽培されているものは、白い部分を長く伸ばすために、日に当てない軟白栽培だそうです。

最近、注目されている山菜で、山菜独特のエグみが無く、クセもありません。
ほどよい自然のほろ苦さをシャキシャキした食感、軽く茹でると少しヌメリも特徴。

お浸しや、生でサラダなどで。



0 件のコメント:

コメントを投稿